読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語ど~するの?

NO ENGLISH NO LIFEなサイト

【第1回】TOEIC英文法の対策をしよう!【Part 5 / 6 対策】

f:id:engproject:20170314100012j:plain

●いつもありがとうございます、あさてつです。


本日より新カテゴリががスタートします。


TOEICは昨今、各企業で外国語習得の指針として叫ばれているせいか、英語スキルの向上のための目標として定着してきた感がありますよね。


私もTOEICのテストは最近の改定前から散々受験してきましたが、やはりスコアの程度によって英語の理解度は大幅に変わるような印象があります。


TOEICはリスニングパートが100問リーディングパートが100問あり、とくにリーディングパートは75分の時間内で解かなくてはなりませんから、それはそれは忙しいテストなのですね。


TOEICのテストのスコア満点は990点なのですが、大体このスコアが700点以下ですと、最後まで問題を終わらすことができないのではないかと思います。


そうすると、特に昇進などの条件にTOEICスコアの点数が課せられている会社員の方などは、普段それほど勉強に当て込む時間もないわけですから、こういったテストの対策として、とりあえず英文の内容が「大体」わかれば良いと考えがちなんです。


そしてその気持ちはとてもよく分かります。


ところが、時間にかなりシビアなTOEICのテスト対策を行い、ある程度のスコアを取れるようになったのはいいのですが、実際にその方にライティング等をしてもらうと、基本的な文法事項も理解していない英文を実際に書いてしまうことが多いんです


その結果、TOEICのスコアは確かに獲得できましたが、実際には戦力となる英語力は満足についていない場合が多いという話を企業関係者から耳にするようになりました。


これは悲しい事態ですよね。


つまり簡単に言ってしまうと「なんちゃってTOEICスコア」になっているわけです。


私は元企業マンですので、その事情は察するに余りあるのですがこれだけは言えます。


どうせなら使える英語を身につけてみませんか?

英文法軽視は百害あって一利なし

f:id:engproject:20170314100111j:plain

TOEICのリーディングパートというのは具体的にいうとPart5、6、7に分かれます。


そのうちPart5、6英文法・語法・表現等のパートになり、TOEIC受験者の苦手なジャンルとよく言われています。


先ほどのTOEICの制限時間のおかげで、文法の知識は「なんとなく」ボンヤリと流して、英文の情報だけを拾う訓練ばかりをこなす受験生の方が多いですので、このPart6・7、正直苦手な方はとことん苦手なのです。


ですが将来「使える」英語を身につけるためにはこの「英文法」は避けては通れません。


そこでこのカテゴリでは、実際にTOEICの問題を使い、どのように英文法の知識が問われるのかを皆さんと確認していければと思っています。それによってただ何となくではない、しっかりと役に立つ英語力を皆さんを一緒にに見つけられればと考えています。


ぜひ「本物の英語力」を身につけていきましょう!

あとがき

f:id:engproject:20170315175559j:plain

では第2回からTOEICPart5対策を行います。良かったらご意見ください。


また会いましょう!