英語ど~するの?

NO ENGLISH NO LIFEなサイト

現在分詞・過去分詞による名詞の修飾の使い分けは?【第8回TOEIC英文法対策】

スポンサーリンク

●英語ど~するの?」人気記事セレクションはこちらです!

f:id:engproject:20170408164349j:plain

この記事の目的
① 現在分詞・過去分詞は名詞を修飾することが分かります

② 現在分詞と過去分詞の使い分けが分かります

形容詞の仲間はこんなにあるぞ


●いつもありがとうございます、まこちょです。


第7回TOEIC英文法対策で形容詞は名詞を修飾することを学習しました。この箇所はTOEICでも頻出なんですよね。


参考までに第7回TOEIC英文法対策はこちらです
blog.makocho0828.net


ところで、この形容詞の仲間には「分詞」というものもあるんです。形容詞の仲間ですから。名詞を修飾することができるんですよ。


「分詞」には2種類あって現在分詞(~ing)過去分詞(~ed)があります。


現在分詞は「~している」、過去分詞は「~される(た)」の意味で使い分けをしているんですよ。ですから、



● ~ing +名詞「~している名詞」

● ~ed +名詞「~される(た)名詞」



と表現することになるんです。


例 sleeping baby
寝ている赤ちゃん」


例 used car
使われた車=中古車」

分詞が名詞を修飾するのは【前】からだけじゃない!?


この分詞のやっかいなところは、名詞を修飾する場合、【前】からとは限らないというところなんです。【後ろ】から修飾することもあるんですよ


もちろんちゃんと法則がありますよ!


● 分詞1語のみ 
⇒ 前から名詞にかかる


● 分詞を含めて2語以上
⇒ 後ろから名詞にかかる


例えば


a running boy
「走っている少年」


この場合はrunning「1語」ですから前からboyにかかっていますね。ところが


a boy running over there
「向こうで走っている少年」

は青い部分が全部boyにかかっているんです。2語以上あるからなんですね。

現在分詞と過去分詞の使い分け


よく


「現在分詞(~ing)と過去分詞(~ed)、どちらを使ったらよいかわからない!」


という質問を受けることがありますが、なに、簡単です。


迷ったらこの攻略法を使ってみてください。


【攻略法】


● 分詞の主語はかかっている名詞

⇒ したがって選択するときは名詞を主語にして読んで見よう。


例えば


a ( use ) car


とあってuseを適切な形に変える場合、(     )はcarを修飾しているわけですから(      )の主語はcarということです。したがって、


A car (is) (use)


と考えてみましょう。この時主語と( )の間にbe動詞を補って考えてみると分かりやすいです。つまりここでは、


① A car is using


② A car is used


のどちらかになりますが、①の意味は「車【は】使っているという意味になりまるで「車が何かしているのか?」のニュアンスになりおかしいとわかりますね。


②のほうは「車【は】使われているis used「受動態」表現になり文意が通ることが分かります。


したがってここは a used carが正解となるんです。簡単でしょ?


さらに深く分詞の名詞修飾について基礎から学習したい方はこちらのサイトもおすすめです
www.makocho0828.net


ではこれを踏まえて本日もTOEIC用練習問題です!

本日の練習問題


【問】(    )に適切な語句を選びなさい

(1) E-mail is the ( ) method for contacting several staff members at a time.

① prefer
② prefered
③ preferrably
④ preference


(2) Despite ( ) delays in the renovation work, the library reopened on schedule last week.

① repeat
② repeated
③ repeatedly
④ repetition


(3) Customers ( ) a credit card will be charged a three perfect bank service charge.

① use
② using
③ used
④ will use



【解説】


(1) E-mail is the ( ) method for contacting several staff members at a time.

① prefer
② prefered
③ preferrably
④ preference


( )が冠詞のtheとmethod(名詞)の間に挟まってますので、(      )は形容詞の属性のモノが入るのは分かりますよね。


選択肢のそれぞれの品詞は


① prefer 動詞
② prefered 過去分詞
③ preferrably 副詞
④ preference 名詞


この中で形容詞として名詞を修飾できるのは②しかありませんね。 the preferred methodですが一応確認すると、


the method (is ) preferred


methodは「方法」、preferは「好む」ですので「その方法は好まれると「受動態」の関係ですから過去分詞が使われているのですね。


これがもし選択肢にpreferringがあったとしても


the method (is) preferring
「その方法は好んでいる」?


と文意がつながらないことが分かるでしょう。

訳「メールは複数のスタッフと同時に連絡を取るのに適した手段だ」


(2) Despite ( ) delays in the renovation work, the library reopened on schedule last week.

① repeat
② repeated
③ repeatedly
④ repetition


despiteという単語は「~にもかかわらず」という前置詞です。後ろの名詞delays「遅れ」とセットですので(     )はdelaysにかかる形容詞の属性とわかります。各選択肢は


① repeat 動詞
② repeated 過去分詞
③ repeatedly 副詞
④ repetition 名詞


したがって答えは②。いかにTOEICにおいて品詞が重要か理解してください。

repeated「繰り返された」、renovation work「改修工事」、

訳「改修工事の再三の遅れにもかかわらず、図書館は先週予定どおり再開した」


(3) Customers ( ) a credit card will be charged a three perfect bank service charge.

① use
② using
③ used
④ will use


この文章は


Customers ( ) a credit card...


の部分だけをみると(     )に動詞を入れたくなりますよね?


でもさらに後ろを見ると


Customers ( ) a credit card will be charged...


will be changedと動詞があることがわかります。


英文は原則1文につき動詞は1つですので、(     )の中に動詞はもう入れられないと判断することが大事です。したがってここでは①と④の選択肢はダメとわかります。


① use 動詞
② using 現在分詞
③ used 過去分詞
④ will use 動詞


Customersの名詞に対して(     )a credit cardが【後ろから】修飾しているのです。


Customers ←using a credit card


Customers ←used a credit card


さてどちらでしょう?悩んだらcustomers「お客さま」を主語にして考えてみればよいのです。


「お客様はクレジットカードを(使っている・使われてる)」


現在分詞のusingを使えばよいと分かるわけです。

訳「クレジットカードをご利用のお客様は3パーセントの銀行手数料がかかります」

あとがき

f:id:engproject:20170408164425j:plain

さて今回はいかがだったでしょうか。分詞を使った名詞修飾は、前から、後ろからとなかなか厄介な代物ですが、ぜひ会得していただけたらと思います。


また会いましょう!


英語をもっと基礎から学習したい方はこちらのサイトもおススメです!
www.makocho0828.net