英語ど~するの?

NO ENGLISH NO LIFEなサイト

「うん、いま行く」の英語表現はなぜI'm coming.なのか?goとcomeの違いを見切る!

スポンサーリンク

英語ど~するの?」人気記事セレクション

★お知らせ★

f:id:engproject:20170427004429j:plain


この記事を読むと
「今行く」の表現はなぜI'm coming.なのかが分かります


● いつもありがとうございます、あさてつです。



みなさんは「行く」を英語にしろと言われたらgoという単語が思い浮かびますよね。



またそれとは逆に「来る」でしたらcomeと、即答してしまうんじゃないでしょうか。



「当たり前じゃないか!」



と思った方も多いかと思います。



ですから、「いま行くよ!」表現はI'm going!goを使って表現するのはまぁ当然なのではないでしょうか。


ところが「いま行くよ」の表現はgoingを使わないんです。



I'm coming!



と表現するんですよ、これが。



なぜgoを使わないんでしょう?これはgoとcomeの明確な使い方の違いに関係しているんです。



そういうわけで本日はgoとcomeの使い方の違いを正しく理解してみましょう。


そうするとなぜ「今行くよ」I'm comingと表現するかが分かります。ぜひ使い方をマスターして友達に教えてあげましょう!

goとcomeの違い


まず、goとcomeの基本的なニュアンスを知っておきましょう。


goとcomeのニュアンスの違い①
● go ⇒ 遠ざかる
● come ⇒ 近づく


そりゃgo「行く」come「来る」って覚えているわけですから、この基本ニュアンスは言わなくてもわかると思うんですよ。


問題はそこじゃないんです。



重要ポイントは「遠ざかる」にしろ「近づく」にしろ【どこへ】が問題なんです。

対象は「話し手」と「聞き手」


このとき勘違いしやすいのはI'm ( ).とあって、goingを入れるのかcomingを入れるのかを考える時に、「話し手」である「I(私)」だけしか考えていないことなんです。


みなさんは「会話」をするとき、まさか「一人」でエアーコミュニケーションしてるわけじゃないですよね?(笑)


そう、「会話」というものは「話し手」のほかに「聞き手」が必ずいるものなのです。


この「遠ざかる」、「近づく」というニュアンスは「話し手」だけを中心に考えるのではないんです。これがよくカン違いするポイントなんですよ。


したがって正確に定義を言い直すとこのようになるのです。


goとcomeのニュアンスの違い②
● go ⇒ 話し手と聞き手から遠ざかる
● come ⇒ 話し手や聞き手のほうに近づく



そうすると「今行くよ!」がなぜI'm coming.になるのか理解できるんじゃないでしょうか。


例 

母: Ken, would you come here, please?
「ケン、ちょっと来てちょうだい」


ケン: Okay. I'm coming.
「うん、今行く」



確かにケンは今いる場所から離れようとしているのですが、行く場所は「母」のところ。


つまり ケンは「話し手」である自分の今の場所からは離れますが、聞き手の「母」には離れていない、むしろ近づくんです。



「話し手」「聞き手」の両方から離れるシチュエーションでなければgoは使えないんです。


では逆に次のような状況ではどうでしょうか。


例 

ケン: I must be ( ).
「もう行かなきゃ」


母: Oh, so soon?
「え?もう?」



さて(     )に入るのはgoingでしょうか、それともcomingですか?


答えはgoing


ケンは今いる場所から離れるし、「母」のいる場所からも離れるからですね!

あとがき

f:id:engproject:20170427004616j:plain

さて今回はいかがだったでしょうか、このgoとcomeの使い方は英会話においても重要表現です。ぜひモノにしてどんどん使ってくださいね!



また会いましょう!



英語を基礎からもう一度!このサイトもおススメします
まこちょ英語ブログ