英語ど~するの?

NO ENGLISH NO LIFEなサイト

「似ている」にlike、alikeを同じ感覚で使うとひどい目に会う件!その違いを知ろう。

スポンサーリンク

●英語ど~するの?」人気記事セレクションはこちらです!

f:id:engproject:20170706161835j:plain

この記事を読むと
likeとalikeの違いが分かります。


● いつもありがとうございます、あさてつです。



英語表現のなかに「似ている」という表現がありますが、これ英会話で良く間違える表現で有名です。



一言で「似ている」と言っても英語表現にはlikealike、resembleなど様々な表現の方法があるんですね。ところが使い方が全部ちがいますので、実はこの表現意外にやっかいだったりします。



そういうわけで今日は「似ている」の英会話表現をしっかりと身につけようと思います。


ぜひ正確な表現方法を身につけてみてください!

likeは前置詞


まずlikeを使った「似ている」なのですが、この時likeの品詞は前置詞なんです。したがって後ろには必ず名詞が必要なんですね。


例文を見てみましょう。



例 

She is just like my sister.
「彼女はまるで私の姉妹みたいだ」



この時のポイントなのですが、likeの後ろには必ず名詞が必要です。前置詞は後ろに名詞を置いて初めて一人前

前置詞のlike
like + 名詞「名詞のようだ(名詞に似ている)」


つまりこのような形になるのが一般的です。


A is like B

「AはBに似ている」



ですからこのように表現してはいけません。



× Your bag and my bag are like.
「あなたのカバンと私のカバンは似ています」

見た目(外観全体)が「似ている」場合はlook like

このlikeの表現ですがbe動詞ではなくlook likeを使って「見た目(外観全体)」が似ていると表現することができます。


例 

You look just like your mother.
「あなたはお母さんにそっくりね」


be likeとlook likeの違いは「一部」が似ているのか「全体」が似ているのかの違いです。


例 

Your voice is just like your brother's.
「声がお兄さんそっくりね」

alikeは形容詞

f:id:engproject:20170706162038j:plain


alikeは形容詞なので、後ろに名詞を直接くっつけることができません。


よくある間違いが次のように書いてしまうことなんです。




例 

「彼女は母親によく似ている」

× She is very much alike her mother.



これ、すごくよく間違える表現です。alikeの箇所がlikeでしたら問題ないのですが、この辺の使い分けはけっこう難しいですよね。


形容詞のalike
alikeの後ろに名詞はつかない


したがってもし先ほどの例文をalikeを使って表現するならば、her motherを前に寄せてしまうと良いでしょう。



She and her mother are very much alike.

resembleは他動詞で進行形にできない

最後にresembleも見てみましょう。この単語もなかなか特徴があるんですよね。



まずこの単語は難しい話をすると「他動詞」という種類で後ろに前置詞をつけてはいけません。直接「名詞」をつけるようにしましょう。



◎ This question resembles another one.
「この質問はもうひとつのものと似ている」



× This question resembles to another one.



なぜかこのresembleを使うと後ろにtoの前置詞を置きたくなるのですが、グッとこらえてください(笑)



またこの単語はある例外を除いて「進行形」にすることができません。つまり is(am / are) resemblingの表現がないんです。ここも注意ポイント!



例 

× He is resembling his father.


 He resembles his father.

あとがき

f:id:engproject:20170706161910j:plain


さて今回はいかだったでしょうか。この「似ている」の表現は単語がいくつもありますが、正確に使いこなすのにはそれなりの知識が必要となります。ぜひ丁寧に身につけてくださいね!



また会いましょう。