英語ど~するの?

NO ENGLISH NO LIFEなサイト

「告白する(コクる)」って英語でどう言うの?これがおススメ表現【9選】だ!

スポンサーリンク

●英語ど~するの?」人気記事セレクションはこちらです!

f:id:engproject:20170918113636p:plain


この記事を読むと
「告白する」の英語表現が分かります



● いつもありがとうございます、あさてつです。




いつも世にも相手に思いを伝えたくなるものでございます。それを人は「告白する(コクる)」という。




「告白する」と一言にいってもそこに至るまでの過程たるやもう...涙ぐましい努力ですよね。「探り」を入れたり「アピール」したり、それこそ念入りという言葉がぴったりです。




つまりそれほど真剣だということですよ。




ところでみなさん、英語で「告白」ってなんて言うんだろうと思ったことありませんか?



この「告白」でよく聞くフレーズは「I love you」ですが、この表現実は家族にも使えちゃったりするので、「愛」の表現となるとちょっとニュアンスが違うんですよね。



しかも最近はSNSの普及で誰でも世界のあらゆる人とコンタクトを取ることが可能になりました。つまりみなさんはワールドワイドに色々な人と知り合える可能性があるということです。



突然英語圏の方と恋に落ちちゃったりしたらどうしますか?




海外の人に想いを伝える時に何て言ったらいいのか困らないように今から「告白」表現を学んでおいた方が良いかもしれません。

tell 人 that I like him/her

f:id:engproject:20170918113710j:plain




よく「告白する」といったらconfessという単語を挙げる人がいるのですが日常会話ではあまり使いません。confessには「罪、悪い事を認める、自供する」といったネガティブなニュアンスを含んでいるからなんですね。



通常はtell 人 that I like him/herといった表現を使うことが多いです。



You should tell her you love her.
「愛してるって言うべきだよ」

Ask 人 out

f:id:engproject:20170918113740j:plain



このask 人 out「彼氏/彼女になってくれるか聞く」で、つまりは「告白する」になるんですね。outの後ろに語句を続けて違う表現にすることもできますよ。


Did you ask her out?
「告白した?」


I asked her out on a date.
「彼女をデートに誘った」

I want to go out with you.



これは分かりやすいですね。「あなたと付き合いたいです」という表現になります。




日本と同様、ストレートにものごとを伝えることが大事かもしれません。


I want to be more than just your friend.

f:id:engproject:20170918113816j:plain




「友達以上になりたいんだ!」です。これもストレート!相手に思いがダイレクトに伝わることでしょう。



逆に日本人だと照れくさくてここまで言えないかも(笑)

I think I fell in love with you.


「恋に落ちちゃったみたい」という意味です。fall in love は日本でもよく耳にする言葉。



よく音楽の歌詞にも登場するフレーズですよね。」



ちなみに「告白」は「告白」でも結婚のプロポーズもありますよね。プロポーズで使える「告白」方法も知っておいた方が良いでしょう。

Will you marry me?

f:id:engproject:20170918113913j:plain



「結婚してくれる?」です。意外とシンプルな表現でビックリしました(笑)がよく使われるフレーズです。



真剣に向き合ってこのシンプルな表現、実は一番キクのかもしれませんね。

I’ll stand by you all the time.


stand by meは映画のタイトルにもなってるくらいですから。「あなたの支えになりたいです」はグッとくる表現じゃないですか?

Please keep holding my hands.



「この手を離さないで!」です。どちらかというと女性が男性に言うニュアンスなのはわかるかと。これも気持ちがストレートに伝わりますね!

You are my everything.



「あなたは私の全てです」これも日本の歌の歌詞にも出てくる言葉ですね。




最後に人生「告白する」こともあれば「告白【される】」こともあります。ですがどうしても断らなければならないときってありますよね。




そんなときに便利な「断り」フレーズをご紹介しておきます(笑)ぜひ状況に応じて使ってくださいね。



You’re nice person but you are not my type.
「いい人なんだけどタイプじゃないの」


We had fun together but…
「一緒にすごせて、楽しかったけど...」


I’m not right person for you.
「私はあなたにふさわしい人間じゃないと思う」


Let’s take it easy and see how it goes.
「慌てないで、少し様子を見てみましょう」


I’m enjoying single life.
「独身生活を楽しんでいるから」




なるほど...断りパターンもいろいろあるなぁ。

あとがき

f:id:engproject:20170918114017j:plain




さて今回はいかがだったでしょうか。英語の告白は相手が外国の方ですからなかなかシチュエーション的に頻繁にあるわけではありませんが、今後起こらないとも限りませんのでぜひ身につけておいた方が良いかと思います。



くれぐれも相手が告白しているのにそのフレーズの意味が分からなかったという事態は避けたいものですね(笑)




また会いましょう!