英語ど~するの?

NO ENGLISH NO LIFEなサイト

sweetは「甘い」だけじゃない!意外な意味を持つ英単語を集めてみたよ。

スポンサーリンク

英語ど~するの?」人気記事セレクション

★お知らせ★

f:id:engproject:20171209155959j:plain


この記事を読むと
意外な意味を持つ英単語が分かります。



● いつもありがとうございます、あさてつです。




英文を読んでいると、どうも文章の意味がしっくりこない内容のときがありますよね?



それどころか、どう考えてもこの英文は「変」だ、と思うことなどしょっちゅうです。



そんな時は辞書の出番!引いて確認してみるのですが、おかしい、どう考えてもこの訳で合っているはずだが…とこんなシチュエーションがありますよね。




そんなときに、普段何気に使っている英単語をめんどうくさそうに引いてみると、あらびっくり、なんじゃこの意味は!という意外な意味に出くわしてしまうわけです。。



そう、世の中には「え!この単語にはそんな意味もあるの!」という英単語があります。それこそ意外な方向から意外な意味が降ってくることがありますので、非常に困ったものですが、面白くもありますね。



そこで今日は意外な意味を持つ英単語をご紹介!



あ、これ知ってる!と思うものから、なんですかそれ!?というものまで集めてみましたので、ぜひ知識の端っこにでも加えていただけたら幸いです!

sweet

f:id:engproject:20171209160032j:plain



この単語はお馴染み過ぎるくらいですよね。「甘い」という意味はみなさんも知っているかと。




ですがこの単語、「甘い」のほかに「やさしい・親切・素敵」といった意味もあるんです。例えばa sweet woman優しい女性」とか表現したりします。




例 
You are so sweet.
「あなたはとても優しい」


sick

f:id:engproject:20171209160119j:plain




sickと言ったらふつうは「病気の」といった、どちらかと言ったらあまりいい意味の印象がないのですが、実はこの単語「魅力的な」という、どっちかと言ったら真逆じゃないの?と思ってしまう意味があるんです。これも状況次第では勘違いしやすい単語ですよね。




A:You want my tickets to the concert? I won't be able to go.
「コンサートのチケットいる? 行けなくなっちゃって」

B:Oh, sick! Thank you.
「やった! ありがとう」



Bさんの意味なんて「病気」の意味しか知らなかったら「え!病気なの?ありがとう」になってしまいますからね(笑)注意しましょう。

cool

f:id:engproject:20171209160230j:plain



これは日本でもだいぶ浸透してきたかもしれません。coolは「冷たい」の意味だけじゃなくて「カッコいい」「ナイスだ」という意味があるのはもうおなじみかと。




Look at that boy! He's so cool.
「あの子見て!カッコいいね」

neat

f:id:engproject:20171209160327j:plain


この単語は「整っている・きちんとしている」という意味でよく学習するのですが、それが転じて「すてき」という意味でも使われることがあります。ただ、もとの単語の意味から連想しやすいと言えばしやすいかも。



例 
A: This flower is beautiful!

B That's so neat!
「すごく良いね!」


rock

f:id:engproject:20171209160447j:plain



rockといったら「岩」じゃないですか。ですがそのほかに「揺れる」そして「最高」という意味まであるんです。Rock Musicなどもこの意味で使われていますよね。



例 
She really rocks!
「彼女最高!」



easy



え?easyっていったら「簡単」でしょ?と思った人多いのではないでしょうか。



確かに通常はそうなのですがこれを「人」に対して使うととんでもない意味になってしまいます。



「人」、とくに「女性」に対して使うと、なんと「軽い」という侮辱の言葉に早変わりしてしまうんですね!



例 
She's easy.
「彼女、軽いよ」



これは女性には使わない方が無難です。

ball

f:id:engproject:20171209160539j:plain




ballといったら「ボール」でしょう!と思ってしまった方、甘いです。このなじみ深い単語にも意外な意味があったりします。



ballには「ダンスパーティー」という、とても似つかわしくない意味があるのです。




As I feared, she didn't turn up at the ball.
「ダンスパーティーに彼女はやはり来なかった」



またもう1つの意味にhave a ball「楽しい時を過ごす」という表現もあるのは要チェックですね。




I had a ball at Junko’s 21st birthday party.
「順子の21歳の誕生日パーティー、とっても楽しかったよ!」



こんなの最初は絶対分からないと思います。

lemon

f:id:engproject:20171209160626j:plain




ええ?lemonっていったら「レモン」でしょ!とちょっとキレてしまうかもしれませんね。



ところがこの単語にも意外な意味が…


なんとこのlemon、「欠陥車」というとんでもない意味があるんです。これこそ意外中の意外。




This car's a real lemon.
「この車はまったくの欠陥車だ」

The stock they sold buyers was a lemon.
「彼らが顧客に売った株は、不良株でした」



しかし..この表現も知らなかったら「この車はまったくのレモンだ」になってわけわからんとなってしまいますよね(笑)

nice


ええと…最後になります。この単語、見た瞬間に「素晴らしい・良い・親切な」あたりの意味は瞬時に分かるかと思います。



この単語にも意外な意味があるので心して読んでください(笑)



じつはこの単語「あまりよろしくない・感じ悪い」といった真逆の意味があったりします。つまりniceを皮肉の表現として使うことができるんですね。


例 
A:So, I just found out we'll have to work late tonight.
「今晩、残業になっちゃったよ」

B:Oh, nice.
「あらまあ(好ましくない)」

あとがき

f:id:engproject:20171209160716j:plain



さて、今回はいかがでしたでしょうか。正直、一回食らってみないとこれは分からん!っていう意味が多いですよね(笑)



私も偶然出会ってはじめて意味が分かったものもありますので、間違いを恐れずどんどん例文に当たってみるのも良いかと思います!ぜひ頑張ってください。



また会いましょう。