英語ど~するの?

NO ENGLISH NO LIFEなサイト

Thank youだけじゃない!「ありがとう」を表現する感動英語フレーズはこれだ!

スポンサーリンク

●英語ど~するの?」人気記事セレクションはこちらです!

f:id:engproject:20171112221107j:plain


この記事を読むと
Thank you以外の英語表現が分かります。


● いつもありがとうございます、あさてつです。




私も冒頭で必ず「ありがとうございます」と入れることにしているのですが、この言葉いいですよね。



感謝を伝える万能フレーズ「ありがとう」。言われた人ばかりでなく、なぜか言った人も気持ちが良くなる素晴らしいフレーズです。こんなお互いに気分が良くなる言葉はいつでも積極的に使っていきたいものです。





ところで、英語で「ありがとう」はThank youが有名ですが、中にはこのフレーズ【しか】言えなくて悩んでしまう人もいるようです。




自分ではもっと感謝の言葉を述べたいのに、出てくる言葉Thank youのみ。せいぜい頑張ってもThank you very much.くらいだと。なんかもどかしい、そんな気分になってしまう人いませんか?




そこで今回はThank youプラスα、または全く異なる「感謝」の言葉を増やしましょう!相手、または状況に応じて「ありがとう!」の表現を使いこなせたらそれは素晴らしいことですよね。実はかなり種類が多いんです。




ぜひマスターして、今後の英会話表現にお役立てくだされば幸いです!


まずはThank you + αと、thank youの後ろにいろいろな言葉をつけて表現を豊かにする方法です。これだけでも今までよりぐっと感謝のイメージ度合が変わってきますよ!

Thank you for α

f:id:engproject:20171112221137j:plain



まずはthank youforを使って文章を繋げる方法。for + ~ingの形で表現することが多いです。



例えば誕生日パーティーの締めのあいさつにこんな表現はどうでしょう。



Thank you for coming to my party today.
「今日は来てくれてありがとう」




相談に乗ってくれた友人に対して




Thank you for giving me good advice.
「私に良いアドバイスをしてくれてありがとう」




何かの選挙であなたが選ばれたら(?)こんなセリフ



Thank you for choosing me.
「私を選んでくれてありがとう」




どうでしょうか?forをつけて後ろに言葉を添えるだけで十分「個性」が生まれるんですね。




ちなみにこれは意外に知られていないことなのですが、いくらthank「感謝する」の表現でもI thank youというのは表現として使うのはやめましょう。非常に高圧的な表現になりかなり印象が悪くなるんです。



次に、Thank you【以外】「ありがとう」表現をご紹介します。

appreciate

f:id:engproject:20171112221243j:plain



thank という単語は後ろにyouがついているからわかる通り、主に「人」に感謝する場合に使われるものなのですが、appreciate「ものごと」に感謝する場合に使われます。



例えば友人、知人のやさしさに感謝したい場合は



I appreciate your kindness.
あなたの親切に感謝します。



I appreciate his efforts.
「彼の努力には感謝しているわ」



などと表現すると良いでしょう。

grateful

f:id:engproject:20171112221325j:plain




gratefulapprciateと同様、「ものごと」に感謝する場合に用います。




I am grateful for your support.
「あなたの親切に感謝いたします」




to 人を間に入れて表現することもできますよ!



I am grateful to you for lending me your precious guitar.
「あなたの大切なギターを私に貸してくれてありがとう」


thankful



この表現もよく使われる表現。使い勝手の良い言い回しです。



例 

I am thankful to my former teacher.
「恩師に感謝しているよ」



I am thankful for your helping me with my work.
「仕事を手伝ってくれてありがとう」

カジュアルな「ありがとう」



最後にもっと軽く、カジュアルに「ありがとう」という場合です。



Thanks.
「ありがとね」


You’re the best!
「恩に着るぜ」


Cheers!
「感謝!」



I owe you one.
「ありがとう」

あとがき

f:id:engproject:20171112221414j:plain





さて今回はいかがだったでしょうか。「ありがとう」の表現、さすがに気持ちのいい表現だけあってその表現方法もさまざま。




ぜひ使いこなしてみることをお勧めします!





また会いましょう。