英語ど~するの?

NO ENGLISH NO LIFEなサイト

何と!「じゃあまたね」はSee you again.ではない?!

スポンサーリンク

英語ど~するの?」人気記事セレクション

★お知らせ★

f:id:engproject:20170425175302j:plain

この記事を読むと
「じゃあまたね」の正確な英語表現がわかります


● いつもありがとうございます、あさてつです。


私たちは別れ際「じゃあまたね」って言って別れるじゃないですか、もしくは「バイバイ」とか。


このような表現を英語で表すとき、私たちは



See you again.



って教わったと思うんです。


だってagainって日本人の私たちからすれば「再び」というニュアンスがあるから、特に何の疑問も持たずにこのSee you again.Good-bye.と同じ感覚で使っていると思うんです。



ところがこれ、とんでもない間違いなんですよ!



私たちは英語に関してはネイティブではありませんから、中学のころに習った英語表現を、何の疑問も持たずに吸収していますよね?



ところが実際には「こんな表現、ネイティブでは使わない」という表現もちらほら見うけられるんですよ。



今回のSee you again.もそう、「じゃあまた!」の表現にこのフレーズは使わないのですが、これを使わない日本人って皆無に近いですよね。



では「じゃあまたね」は英語でどのように表現するのでしょう?またSee you again.は一体どういう意味なのでしょうか?


本日はこの点についてじっくり構えてみたいと思います!

See you again.は【永遠の】別れ

f:id:engproject:20170425175359j:plain

See you again.は「またね」のニュアンスで学校で教わるものですから、これを連発する日本人も多くいらっしゃいますが、実際は「またね」という意味ではありません。



See you again.の意味は【永遠の】別れ」、つまりもう2度と会えない時に使うんです!


See you again.はその人としばらく会えそうにないときに使う表現なんですね。「ここでお別れすると、この先何年も会えなくなるだろうし、ひょっとしたら2度と会えなくなるかもしれないけど、いつかまたお会いしたいものです。」というニュアンスがこのSee you again.なのです。


つまり、このagainは結構「重い」んですよね。


このようなニュアンスの表現を学校の友達なんかに使ったら大変。「え?どっかいっちゃうの?」とか「転校しちゃうの?」といったニュアンスを相手に与えてしまいます。


どちらかといえば「お達者で~」でしょうか。したがって「明日、またね」といったニュアンスとは全く違くのがこのSee you again.なのでした。

では、「あとで会う」場合の表現は?


では「また明日」とか「じゃね~」「またね」というような友達同士の【軽い】表現はどうやって表せばよいのでしょうか。



実は簡単なんです。



会うのは数時間後でも、明日でも一週間後でも、【確実に再会するのが決まっている】場合はSee you later.がベストです。


その他にも具体的に「いつ会うかハッキリしている場合」は以下のように使うのが良いでしょう。


【数日後に会う場合】

See you soon!
「じゃあまたね!」



【明日会う場合】

See you tomorrow!
「また明日!」



【3週間後の場合】

See you in three weeks!
「じゃあ3週間後にね!」



要するにagain【会えるかどうかわからない・しばらく会わない】場合のときに使うんです。



See you again!
しばらく会えませんがお元気で!」


明日会う友達にこれを使ってはダメですよね(笑)

あとがき

f:id:engproject:20170425175531j:plain

さて今回はいかがだったでしょうか。このように私たちが「間違いない」と思って連発している表現でも、ネイティブから見たら「アウト」な表現というのが結構あります。


しっかりと表現を身につけようじゃありませんか。


また会いましょう!