英語ど~するの?

NO ENGLISH NO LIFEなサイト

仕事・人生に活かす!英語の名言で自己啓発が超おススメ

スポンサーリンク

英語ど~するの?」人気記事セレクション

★お知らせ★

f:id:engproject:20171012161529j:plain


この記事を読むと
仕事・人生に活かせる英語の名言が分かります。



● いつもありがとうございます、あさてつです。



4月から晴れて新入社員になりこれからの人生をスタートさせた方、またはこの春から昇進を果たし部下を管理する側になった方、または来年の就職に向けて自己啓発に努めている大学生の方など、皆さん本当にお疲れ様です。




春の段階ではそれぞれのステージでやる気をみなぎらせていた社会人の方も、気づけば今年もはや半年が過ぎました。




そろそろ人によってはスタートダッシュのオーバーワークがたたって仕事へのモチベーションが低下してくることかと思います。そりゃそうですね、なかなか人間というものはモチベーションを維持しつづけるのが難しい生き物なのですよ。「慣れ頃」という言葉もありますしね。




ある意味この辺でフンドシを締め直すのもいいのではないでしょうか。




そういうわけで、なんとな~く浮ついてきた、もしくは目標を見失いかけていた社会人の背中を押してくれる「仕事・人生」の英語の名言をご紹介!




ぜひ今後のキャリアに活かしていただければ幸いです!

Big shots are only little shots who keep shooting.




「大人物とは、弾を撃ち続けた単なる小人物の事である」


クリストファー・モーレイ( Christopher Morley,1890-1957)




この名言の意味が分かりますか?いきなりみなさんのやる気をみなぎらせてくれるいい言葉ですね。



意味的には、ずっと弾を撃ち続けていれば、必ず将来は「大人物」になれるという意味なんです。つまり「何かをがむしゃらにやり続けろ!」という応援メッセージ。



とかく新しいステージに立つとやる前からいろいろなことを考えがちですよね。その結果何をやるにしても二の足を踏んでしまう人もいるんです。消極的になるというか。



そのような人を戒める非常に力強い名言と言えるでしょう。

If someone says can' t, that shows you what to do.



「もし誰かが“できない”と言ったら、それは君がすべきことを示している」

ジョン・M・ケイジ Jr.( John Milton Cage Jr.,1912-1992)




これも熱い(笑)仕事・ビジネスで人と同じことをしていれば、それは全くの劣化コピー。いや、もちろん上司、仕事の先輩の仕事ぶりをいい意味で「お手本」にするのはいいことなのです。



ですが、全く同じことをしていては結果も見えてしまいますよね。つまりカラの中から脱却は難しいんです。




こんな時は誰かが「できない」といった仕事がチャンス。大体誰だって初めは「できる」と思ってやってるんです。つまり成功する可能性はあるんですよ。でも出来なかったといっている。



ではその仕事をあなた視点でもう一度別の角度から眺めなおしてみましょう。もしかしたら見方を変えればビックチャンスが訪れるかもしれませんよ!

In order to be irreplaceable one must always be different.

f:id:engproject:20171012161606j:plain






「他人に真似ができないほどの人間になるためには、人はいつも変わっていなければならない」


ココ・シャネル( Coco Chanel,1883-1971)




先ほども言いましたが、よく「先輩・上司に見習って」って言うじゃないですか。もちろん大事です。大事なのですが、それが全く同じなのは考えもの。




もし他人を追い抜きたいのならば、人と同じ考え、日常の物の見方などを積極的に変えましょう。例えば野球選手のイチローをみてください。彼は団体行動が苦手だったと言っています。周りの人と歩調を合わせるのが嫌い、というかそれでは自分が他人を圧倒する「プロフェッショナル」にはなれないのを知っていたんですね。



その結果、彼の行動は誤解を生むときもありましたが、世界に名だたる名プレーヤーとして君臨しています。



他人と違うことに臆病になるな!常に自分を変え続けてください。

Whenever you see a successful business, someone once made a courageous decision.



「成功したビジネスを見てみると、必ず誰かが 一度、勇気ある決断をしている」

ピーター・ドラッカー( Peter F. Drucker, 1909-2005)



この、ピーター・ドラッガーの言葉は超有名で、さまざまなビジネス書で紹介されますよね。



仕事とは必ず誰かが「決断」しなければならない。事なかれ主義で様子を見ていても決して前に進むことはないのです。勇気ある一歩を!まずはそこから始まるんです。



Punctuality is the soul of business.

f:id:engproject:20171012161651p:plain




「時間厳守はビジネスの心」




これは相変わらずの基本でしょうか。でもこの辺すら守れないのは問題ありですね。仕事・ビジネスで重要なのは顧客とのやり取り。つまり顧客との信頼関係が絶対に要求されるのです。



時間厳守というのは顧客との信頼関係を築く場合の最初のステップ。時間にルーズでは信頼関係もあったものではありません。基本にして最重要事項、ぜひお互いにこの名言は肝に銘じておきたいところですね。

Without a sense of urgency, desire loses its value.



「スピード感なしでは、熱意はその価値を失う」

ジム・ローン( Jim Rohn,1930-2009)




あ、これは経験あります。「喉元を過ぎれば熱さを忘れる」で、「今がチャンス!」と思ったら即行動しましょう。つまり「熱意」が大切なのです!そんな時は勢いがありますから、信じられないような力が出るものなのです。まずは動きましょう!

It is literally true that you can succeed best and quickest by helping others to succeed.


「これは文字通り真実だ―― 他人が成功するのを助ける事が、あなたの最高で最速の成功になる」





最後なのですが、自分が成功するには「他人の成功」を手伝うことが非常に重要です。それがあなたのキャリアになり、他では得られることのできない経験値をえることができるようになります。



結果的に次の成功に一番近い立場になりうるということです!

あとがき

f:id:engproject:20171012161723j:plain




さて、今回はいかがだったでしょうか。仕事のモチベーションを保つためには先代の言葉を借りて自分を奮い立たせていくことが非常に重要になります。ぜひ最初の一歩を踏み出してくださいね。





また会いましょう。