クリスマスに最高の言葉を届けようよ
詳細はこちらをどうぞ

「ライティング」と「スピーキング」を同時に鍛える!これがかなうおすすめオンライン英会話はこれだ!!

英語勉強法

 

 

この記事を読むと
ライティングとスピーキングが同時に鍛えることができるオンライン英会話が分かります

 

● みなさんこんにちは、あさてつです。

 

最近、じつは私、オンライン英会話の「無料体験」にハマってしまいまして。いや、こんなにアウトプットが楽しいなんて思わなかった。






自分がこれまで学習したもの(インプット)を外に向けて思いっきり表現するというのは結構なストレス発散になるんです。そういうわけでいろいろなオンライン英会話の「無料体験」を受講している訳なのですが、なぜ、ここにきて私がオンライン英会話に情熱を注いでいるか分かりますか。

 

それは、今後日本を取り巻く英語学習の環境が大幅に変わってくるであろうと危惧しているからなのです。

 

特に印象的なのは2020年には今の大学入試センター試験が完全に生まれ変わるところでしょうか。なんとこの新テストで英語の「スピーキング」のテストが加わることが決まりました。

 

みなさん、自分はもうとっくに大学入試はクリアした人間だからノープロブレム!とか思っていませんか?

 

確かに大学入試をすでに終了した方にとっては「対岸の火事」的な気持ちになっているかもしれませんが、事はそれほど単純じゃないんです。

 

これまでは大学入試にしろ、その先にあるTOEICにしろ

 

① 読む(reading)

② 聴く(listening)



の2技能を中心にテストを行っているものが中心でした。



ですがこれからは違います。この大学入試新テストを皮切りに企業が求める英語力は

 

① 読む(reading)

② 聴く(listening)

③ 話す(speaking)

④ 書く(writing)

 


とこの4技能であることはもはや「確実」であり、それは今後の企業戦士であるあなたにもダイレクトに影響を及ぼす箇所であることは間違いありません。




今までは全く英語が話せないという人もリーディングとリスニングで点数をゲットしていれば、それなりに評価してくれましたが、これからは明らかに違う時代がやってきます。




一言でいうとまさに「実践主義」。これはあなただけじゃないですよ、このように英語を教えている私ですら非常に危機感を感じて、スピーキング・ライティングの鍛え直しをしているんです。




この時代の流れを「関係ねえよ」と高みの見物を決め込むのか、それとも【間違いなく自分の今後の生活に影響を及ぼす】と感じて新たなステップにチャレンジするのか、その選択肢はもう(とっくに?)来ているんです。



以下の記事では、こういった時代にマッチした、今後需要が拡大するのが目に見えている「ライティング」と「スピーキング」を同時に鍛えられるオンライン英会話をご紹介します。悩んだらまずは「無料体験」、動かなかったら何も始まらないのですから。

ベストティーチャー

f:id:engproject:20180307185543p:plain

SpeakingとWritingが両方できる唯一のオンライン英会話スクール

「ベストティーチャー(Best Teacher)」


「ライティング」と「スピーキング」を同時に鍛えられるおすすめオンライン英会話といったらわたしはまずこの「ベストティーチャー」を挙げますね。



この「ベストティーチャー」はこれまでスカイプ等を使ったオンライン英会話に挫折した人こそ試してみるべきです。


特徴として

 

  • ライティングとスピーキングを両方鍛えらる唯一のオンライン英会話スクール
  • 講師はネイティヴ中心の50カ国以上から集められた先鋭
  • 月額9,800円(税込)と費用対効果が抜群
  • 24時間レッスン可能
  • 大手出版社と提携。TOEFL、英検、IELTS、TEAP、GTEC CBT対策のパイオニア

 


などが挙げられますが、この「ベストティーチャー」が他のオンライン英会話と全く違うメソッドで英語を学習できるのが売りなんです。具体的にいうと


① 講師とのチャットのやり取りで自分自身のオリジナルスクリプトを作る

② そのスクリプトをネイティブが音声を吹き込んでくれる

③ それを軸にして、スカイプで会話をする




という流れで行います。確かに斬新な発想です。日頃から話している日本語を、英語に変えていくという発想は確かに今までなかったですね。




今までは、よく分からないまま英語を覚えていくスタイルだったので正直この発想には驚きました。しかもスクリプト用のシチュエーションは1000以上も用意されており、この流れを時間が許す限り無制限で受けれます。



ベストティーチャーでは、自分で英文を考えるということが非常に重要です。しっかりと考えた英文を、プロの講師に添削してもらうことでスキルを高めていくので自然とライティングスキルが向上していきます。



「無料体験」が用意されていますので、ぜひこれを機に一度やってみることを強くおススメします。

youtu.be



▶ 15秒で会員登録!ベストティーチャーの無料体験はこちら

 

HiNative Trek

f:id:engproject:20180307201636j:plain

【 HiNative Trek 】


自分が作成したライティングと音声を回答として入力し、そのフィードバックをネイティブからもらえるという、こちらも自分だけのテキストが作れるのが売りです。



最近はこうしたオンライン英会話方式が主流になってきました。具体的にセンテンスや言い方の良し悪しや自然な言い回しを予想以上に細かく指摘してくれるのが本当に見事。



しかもすべて「音声つき」というのがこれまでの英語学習アプリにはなかった機能。実際にネイティブに発音してもらうことによって「ここらへんを強調するのか」などと自分の英作文の発音ポイントに気づくことができます。これは非常に大きいメリット。



【「HiNative Trek」の特徴】

  • 値段は月額9800円(年額だと98000円=月8166円)
  • まず自分でアウトプット → それを教材(ここがポイント!)にしてインプット
  • データとして残るので復習しやすい
  • 忙しかった日の分もあとでまとめて提出できる
  • 空き時間にサッとできる

 

youtu.be


スマホひとつで、毎日の英語習慣を。【 HiNative Trek 】



こちらの記事も参考にしてみてください
blog.makocho0828.net

 

あとがき

f:id:engproject:20180307205517j:plain

さて今回はいかがだったでしょうか。今回は「スピーキング」と「ライティング」を両方同時鍛えられるおすすめオンライン英会話をご紹介いたしました。




両方とも「無料体験」を実施していますので、ぜひこれを機に「アウトプット主体」の英語学習をスタートさせてみるのはいかがでしょうか。




また会いましょう。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

英語勉強法
あさてつをフォローする
英語ど〜するの?

コメント