最強TOEIC学習サービス「スタディサプリ」
詳細はこちら

英語添削アプリ最強!「HiNative Trek」は絶対に試す価値があるこれだけの理由!

英語勉強法

f:id:engproject:20180301213553j:plain


この記事を読むと
「HiNative Trek」が最強英語学習アプリであることが分かります




● いつもありがとうございます、あさてつです。




みなさん、いきなりですが英語学習ははかどっていますか?






いや、なぜこのようなことを唐突に聞くのかというと、英語学習って長く続けているとどうしてもマンネリ化は避けられないからなんです。ただ何となくテキストを開いて、何となく英文を聞いて…とこれはよくないです。おそらくその学習、本当にあなたの身になっているのかどうかはかなり怪しいと言わざるを得ません。




そう、英語学習は「新しい風」を時々入れて、脳の活性化に努めた方が、蛇足でダラダラと英語学習をするより何倍も効果を発揮するんです。それにたまに新しい英語学習法を投入することは、これまでの学習を再度見直すことにもつながりますから非常におススメなんです。




そういうわけで今回は何となく英語学習がマンネリ化してるかも?というあなたに絶対に試していただきたい最強英語添削アプリをご紹介します。

スポンサーリンク

「HiNative Trek」はスマホアプリからもできる新しい英語学習サービス

f:id:engproject:20180301203021j:plain

【 HiNative Trek 】




それが「HiNative Trek」というこの最新アプリなのですがこのアプリ、ものすごく現代的なんですよ。通常英語学習のサービスは、添削サービス、オンライン英会話、英会話学校などありますが、明らかにこのアプリはこれまでの英語学習サービスとは一線を画しています。




株式会社Lang-8が今年リリースしたiOSアプリの新サービスが「HiNative Trek」月額9,800円で平日に1日1問ずつ英語の課題を解いていくサービス。




「HiNative Trek」の学習サイクルは「問題 → 回答 → フィードバック → 質問」という英語学習の王道を効率よく回していくスタイルなのですが、これがすごく「今」っぽくてクールなんです。具体的にお話しますね。


スポンサーリンク

これが「HiNative Trek」の基本サイクル





①毎朝、課題(英作文等)の問題が届く。

f:id:engproject:20180301204529p:plain



月〜金曜日まで毎日、ビジネス英語に関する短い英作文の課題が届きます。ポイントはIT系のビジネス英語ですので、しっかりと課題を行うとビジネスに直結する英語力を身につけることができるんです。




難易度は初級の上から中級程度で3行程度のそれほど長くない英文に対して訳をつけたり、英語で投げかけられた質問に英語で返したりと英作文・英会話の設問がバランス良く送られてきます。



② それに対して英作文と音声を回答として入力する。


f:id:engproject:20180301204728p:plain



解答を英語で書いていきますが、思い浮かばない時は、調べながら行います。それでも数分で課題が終わります。またここがポイントなのですが、打った英文を実際に口に出して録音し、音声も提出。ちなみに録音もボタンを押すだけなのでとても簡単です。




③ すぐに模範解答が届く


f:id:engproject:20180301204833p:plain



提出後すぐ、音声付きの模範解答が送られてきます。音声もセットになっているのが地味に嬉しいですね。

④ 自分の回答に対してネイティブから個別のフィードバックが届く。


f:id:engproject:20180301205516p:plain



さて、ここです!翌日には実際のネイティブからのフィードバックがとどくのですが、このフィードバックがかなり充実していることに注目してください。




模範解答のようなテンプレが返ってくるのではなく、具体的にセンテンスや言い方の良し悪しや自然な言い回しを予想以上に細かく指摘してくれるのが本当にすごい。




しかも、すべて「音声つき」というのがこれまでの英語学習アプリにはなかった機能。実際にネイティブに発音してもらうことによって「ここらへんを強調するのか」などと気づきがありました。これは非常に大きいメリットです。

受講者の実際の声

よくありがちなちょっとしたコメント程度ではなく、文法的なチェック、言い回しの自然さなど、細かく内容を見てくれているので、すごく参考になります。

また、自分が送った解答の内容をベースにした模範解答を送ってくれるのも非常にありがたい。最初の解答と比べてどういったところを修正すればいいのかパッと理解できます。

ちなみに13時までに課題提出すると、当日の18時までに添削が届きます。



⑤ ネイティブに個別に質問ができる。


f:id:engproject:20180301210708p:plain



質問があれば、チャット形式で直接聞くことができます。利用者は英語に関する質問をすることが可能で、うまく発音できない単語を発音してみてアドバイスを求めたり、自然な表現なのか添削をお願いしたりということができます。




またアメリカ人ネイティブに質問をするための親切な「質問テンプレート」が用意してあるので疑問・質問はテンプレートを埋めていくだけでできるので重宝します。




このちょっとしたことを聞ける専門家がいるという便利さと安心感は予想以上にビジネスで役に立つんですよね。



「HiNative Trek」の使い方

youtu.be


スマホひとつで、毎日の英語習慣を。【 HiNative Trek 】


スポンサーリンク

HiNative Trekの主要ポイントはこれだ



ここまででこの「HiNative Trek」のポイントをまとめてみます。



【「HiNative Trek」の特徴】

  • 値段は月額9800円(年額だと98000円=月8166円)
  • まず自分でアウトプット → それを教材(ここがポイント!)にしてインプットの流れ
  • データとして残るので復習しやすい
  • 忙しかった日の分もあとでまとめて提出できる
  • 予約なしで空き時間にサッとできる
スポンサーリンク

アウトプットの練習のために


英語の学習は最終的にインプットとアウトプットそれぞれでかけた時間に比例します。日々忙しくてアウトプットがなかなか足りないという人には最適なツールなのではないでしょうか。




まずは1ヶ月試してみて、毎日アウトプットする習慣がどの程度英語力向上に役に立つのか実感してみると良いと思います。



実践英語を1日1題。着実に英語力を伸ばすなら、【 HiNative Trek 】





ぜひ本物の英語力を!




また会いましょう。

あわせて何が何でも読んでおきたい

コメント