ライティングとスピーキングを同時に鍛えられるオンライン英会話サービスとは!?
1度で2度おいしい詳細はこちら

「スタイルがいい」表現に「style」を使わないと知って驚愕した話

間違えやすい英語表現

 

この記事を読むと
styleの使い方が分かります。

 

●いつもありがとうございます、あさてつです。

 

いやぁ~世の名には知らないことってあるものですね。

 

だってみなさん「スタイルがいいね」って表現をよく使うじゃないですか。

 

例えばバランスの取れた体型やメリハリのきいたボディ、まるでモデルみたいな体型を見たとき、褒め言葉として「スタイルがいいね」って思わず言ってしまいますよね。



言われた方も「え、そうかしら」と思い、決して悪い気持ちはしないと思うんですよね(いやらしい視線を送っていなければ)

 

つまり円滑なコミュニケーションツールとして使えちゃうわけですよ「スタイルがいい」って。

 

これから段々と暑い季節になってくるとどんどん薄着になってきますから、ますますこのフレーズは重宝するんじゃないですか?

 

というわけで、この「スタイルがいい」に会う英語のカッコいい言い回しは何かないかな~と思ってちょっと調べてみたんですよ。

 

そうしたらとんでもないものを発見してしまったんだよね。

 

だってみなさん「スタイル」ですよ!?これどうみたってstyleから来ているんだろうなぁ~って英語初心者の小学生でも何となく分かりそうじゃないですか。

 

使わないんだってよ!

 

f:id:engproject:20170502120803j:plain


ごめんなさい、ちょっとガラが悪くなってきましたね(笑)そういうわけで今回は「スタイルがいい」の英語表現です。

 

いったいこのフレーズに何が起こってしまったのか、皆さんと一緒に学習してみたいと思います。ぜったいstyleだと思っていたんだけどなぁ~(笑)

広告

じゃあ「スタイルがいい」英語表現はどういうの?

styleは「体型」を指すことがない

f:id:engproject:20170502120559j:plain


わたしたちが「スタイル」といったらほぼ「体型」を指しますよね?



ところがstyleは「体型」には使うことができないらしいのです。まずここがビックリですね。



英語のstyle「(様式・服装や生活の)スタイル」を表すのに使い「体型」を表すことはできません。



She always has a nice style.
「彼女はいつもセンスの良い服着てるね」



いやぁ~本当ですか、これは意外。知らなかったら1000% styleを使っちゃいますね!


じゃあどうやって「体型」のスタイルを褒めればいいのでしょう?

女性の「体型」の美しさを表す表現はfigure

なんとfigureという単語を使って表現するんですね~! a great figureで「素晴らしい体型」、主に【女性の美しさ】に対して使う表現です。



例 

She is 60’s, but she has a great figure and a good sense of style.
「彼女は60歳なのに、スタイルもいいし服のセンスもいい」



とこのように使うんですね。styleのかけらもありませんな(笑)



またbodyを使って表現もできます思わず「ナイスバディ」をというフレーズを思い出しました(笑)


例 

That model has such a great body!
「あのモデル、スタイルバツグンっすね!」



ん?【女性の】とありますが、じゃあ「男性」はどうなんだ?と思い調べたらやっぱりありました!

 

広告

男性のスタイル英語表現

男性はshape

f:id:engproject:20170502121005j:plain

「男性のスタイルがいい」という表現はshapeを使って表現するんです。フレーズ的には in good shapeと覚えてしまうといいでしょう。やっぱりstyleじゃないのね(笑)


He’s in good shape because he goes to the gym.
「彼はジムに通っているから、スタイルがいいね」



ちなみにこのshapeは「女性」にも使用可能。よく考えたら「シェイプアップ」って言いますものね。納得!

広告

あとがき

f:id:engproject:20170502121059j:plain

さて今回はいかがだったでしょうか。しかしstyleを使わないとはね…(苦笑)


でもこういった日本人は普通に使っているけれど、英語ではまったく使いませんよ、という表現はたくさんあるんだろうなという気がします。


これからもこのブログでそういった表現をご紹介していきますね!


また会いましょう。

コメント