英語ど~するの?

NO ENGLISH NO LIFEなサイト

「努力」のかたまり!イチローの感動名言を英文で味わおう!【英語の名言シリーズ②】

スポンサーリンク

英語ど~するの?」人気記事セレクション

★お知らせ★

f:id:engproject:20170607173243j:plain

この記事を読むと
イチローの名言を英文で味わうことができます。



● いつもありがとうございます、あさてつです。




日本が生んだスーパースター「イチロー」。



知らない人など日本で皆無。それどころか世界にもその名前をとどろかせている超一流の野球選手です。



またこのお方を象徴する言葉として「努力」がありますが、これほどこの言葉とマッチしている方もまずいないんじゃないかというくらい努力のかたまり。



しかもそれを決して見せびらかしたりはしません。



まさに有言実行を絵にかいたような人で、それゆえ「孤高の天才」と評されることも多い尊敬できるプレイヤーです。


イチローは、愛知県西春日井郡豊山町出身のプロ野球選手。マイアミ・マーリンズ所属。血液型はB型。MLBシーズン最多安打記録保持者であり、プロでの通算安打世界記録保持者でもある。 2017年現在、オリックス・ブルーウェーブに所属していた唯一の現役選手である。(wiki)

f:id:engproject:20170607173038j:plain


そんな彼から放たれた言葉はどれも珠玉の一品で、どれもこれも彼のこれまで培ってきた努力の軌跡が感じられます。




そこで今回はその名言を英語で味わったらどうか、ご紹介いたします。



ぜひ何かに向けて打ち込んでいる人の後押しになれればと思います!

Keeping trying many small steps is the only way to reach the unbelievable space.

f:id:engproject:20170607173433j:plain



意味「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところに行く、ただひとつの道だと思っています」



まず最初はこちら。まさにイチローそのものを表していると言っても過言ではありません。この人って本当に小さな努力を積み重ねている人なんですよね。例えばベンチにいる時も常に体を動かし、次の場面に備えていたりします。少しの時間も全く無駄にしていない、まさにプロフェッショナルのかたまりです。

If you called anyone who could success without making efforts "Genius", I am not the one, but when you call anyone who could do something professional "Genius" as a result of many efforts, I am the one.

「努力せずに何か出来るようになる人のことを天才と言うのなら、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを天才と言うのなら、僕はそうだと思う」


これもイチローを代表するあまりにも有名な名言ですね。これって「普通」の人がいったら相当恥ずかしいですが、人一倍努力してきたイチローだから言える一言だと思うんです。あまりにもしっくりくる言葉です。

When you get tired of thinking, that means you give up your advance.

f:id:engproject:20170607173542j:plain


「考える労力を惜しむと、前に進むことを止めてしまうことになります」



人は出来ることなら日々考えずに行きたい生き物なんですよね。それはその方が楽だから。身の回りにあるものが人にとって「初めて」のものでしたら、興味津々ですから、いろいろ触ったり眺めたりしてそれなりに「考え」、どうやったら最良の方法で使うことができるだろうと考えるとそれは人の進歩につながると。

How to reach your dream and goal is only one way: to do just small steps.


「夢や目標を達成するには1つしか方法がない。小さなことを積み重ねること」



小さな事をコツコツすること、つまり努力を積み重ねること、それこそが成功の近道、イチローの原動力であることがよく分かる名言です。この名言は私もがんばらなきゃと足元を見つめて前に進ませる教科書のような言葉になっています。

あとがき

f:id:engproject:20170607173635j:plain


さて今回はいかがだったでしょうか。有言実行の男、イチローだからこその胸に突き刺さる名言の数々。ぜひみなさんにとって実りのある言葉になってくれればと思います。


また会いましょう。