英語ど~するの?

NO ENGLISH NO LIFEなサイト

外国人女性を口説くための英語フレーズ15選!男だったら果敢に挑戦せよ!

スポンサーリンク

英語ど~するの?」人気記事セレクション

★お知らせ★

f:id:engproject:20171124195242j:plain


この記事を読むと
外国人女性を口説くための英語フレーズが分かります


● いつもありがとうございます、あさてつです。



いつの世の中でも、女性を口説きたくなるのは本能ですね。そう、そこには男のロマンというか、野望というか...まぁ細かいことは省きますが、そういうことなんです。



外国人女性と仲良くなりたいぜ!



これはすべての野郎たちの欲望であり人生の(?)最終目的。そう思っていただいて構いません。ですがそこには障害が。それは



でも、英語がうまく話せないんだよね...




そう!英語がこの野望の前に立ちはだかるんです。なんなんだこの英語ってやつは。この壁のせいで泣く泣く人生の最終目標をあきらめる人は数知れず。分かります、その気持ち。



でもね...いいのかい?そんなちっちゃなことでこの人生のファイナルミッションをあきらめてさ。



英語の口説き文句が分からなかったら、覚えちゃえばいいじゃない!



大丈夫!男の野望の前にはそんなことは些細なこと。きっかけを作る英語フレーズをとっとと覚えて、あとは目で殺してください情熱だよ!パッションだよ!!



そんなわけで今回は外国人女性を口説くための英語フレーズ(即効性アリ)をご紹介します。ぜひマスターしていただいて充実したライフを送ってくださいね!

会話を始める前に



いくら野望に燃えているからといっても、いきなり口説き文句から入るのは愚の骨頂。いきなりI love youから入っていっては困ります。



まずは、口説く前に場を温めないと。そう、キレキレの口説き文句をさく裂させるためには事前準備が必要なんです。焦ってはいけませんね。



【会話をする前のチェック】
① 数回に分けて彼女をチラ見する
⇒ こっちの視線に気づかせる

② 目が合ったら「ニコっ」
⇒ これまで見せたことのないような「さわやかさ」を醸し出しながら



この2つは最低限やっておきましょう。この記事は口説くための英会話フレーズをご紹介していますが、このようなケアも今回行っております。野望のためです。



この前準備を果たしたあなたは戦闘準備完成。ついに英会話に入っていきます。ただしいきなり重い会話はダメ。人生とか宗教とかの話は最悪です。まずはスモールトークから入っていくのは全世界共通です。以下のフレーズがおすすめ。

Hey, how are you doing?

f:id:engproject:20171124195559j:plain



「やぁ、元気?」


ベタだと思ってはいけません。残念ながら相手はあなたのことを警戒しています。僕は無害ですよとまずはアピールしなければいけません。そんな時にこのような英語フレーズはとても重宝するんです。



このフレーズはチャらい印象が出ないので本当に役立ちます。まずはこのフレーズを50回ほど音読して覚えましょう。

Excuse me, is this seat taken?

f:id:engproject:20171124195628j:plain



「すみません、この席空いていますか」



これもよく使う定番表現。この時点で相手側も「あー100%ナンパにきやがったな」と悟ってると思いますが、いいんです。もうゲームは始まっているのですよ。口説くにはこういった英語フレーズを使い、高ポジションをキープしなければなりません。

What’s your name?

f:id:engproject:20171124195724j:plain



「やぁ。なんて名前なの?」



これも王道でしょう。大体興味がなかったら人の名前など聞くわけないのですから、このフレーズもある意味試合開始のゴングみたいなものです。先ほども言いましたがさわやかな笑顔を忘れずに。ただし、あまりへらへらしていると馬鹿だと思われるのも万国共通です。

So, you come here often?

f:id:engproject:20171124195803j:plain




「ここはよく来るの?」



あーこれもいいですね。こういった口説きで何がマズイって会話が途切れるのが一番マズイんです。こういった繋ぎ言葉は非常に便利。どんどん話しましょう。沈黙は敵であることをよく肝に銘じておくべきですね。

Hi. I’m ○○. Where are you from?

f:id:engproject:20171124195902j:plain



「僕の名前は○○です。どちら出身ですか」


打ち解けてきたら、自分の自己紹介をするのも良いですね。よく、何はともあれ自分の名前を名乗りなさい!なんてアドバイスする人がいますが、初対面の人にいきなり「私は○○です!」なんて言われちゃったらどう思います?普通はちょっと引くでしょう。こういった自己紹介は、すこし会話をしてちょっと緊張が和らいだ時にするものなのです。

What’s the best drink here?

f:id:engproject:20171124200030j:plain



「ここで一番のお気に入りの飲み物ってなに?」



このフレーズも意外に大活躍。そしてこの会話が飛び出す以上は相手もそれほど構えてない証拠になるかもです。つまりこのセリフが言えるシチュエーションまで場が育ってきたということでしょう。順調と言っていいんじゃないでしょうか?

What kind of food do you like?


「どんな食べ物が好きなの?」




もちろん今食べているものを聞いて会話を膨らませるのも○。とにかく話題を振ってどんどん打ち解けていきましょう。とにかく無言だけは何が何でも避けてください。ここをしのげば次のステージに進めるのです。



さ、ここまでは軽いジャブ。ですがここまで到達するのが大変なんです。それは言い換えればここまで持っていくことができれば順当に流れて行っている証拠ですので、いよいよここからちょっと一歩踏み込んだ口説き英語フレーズをかましてみましょう。それは「褒める」です。

I really like your fragrance.

f:id:engproject:20171124200114j:plain



「君の香水いい香りだね」



よっしゃ、踏み込みましたね。ベタベタの定番ですが効果は絶大です。誰でも人から褒められると、嬉しいもの。特に女性は、ファッションや持ち物に気を遣っている人が多いので、センスを褒められるとうれしいものなのです。



またあなたが多少なりとも彼女に興味を持っていることが伝わるのもいい感じです。

You have a beautiful eyes.

「綺麗な目だ」



これ、慣れてないと恥ずかしくて使えないでしょう。日本人は特にそうなのですがいけませんね。日本人は髪型や髪を褒められるとうれしいのですが、アメリカ人は目を褒められると超嬉しいんですはい、ここテストに出ます。



そもそも日本人は女性を褒めるのが「へた」であるのはもはやワールドワイドなネタになっているほど。ところが相手は褒められ慣れている外国人。恥ずかしがって躊躇しているのは一番よろしくないんです。

How are you still single?


「どうして君みたいな人がシングルなの?」



だいぶ褒めるのも板についてきましたね。ただしこの英語フレーズを使うのは、相手に彼氏がいないことがはっきりした時です。そもそも最初に会ったときに指に指輪をはめているかどうかくらいは、チェックをしておいてほしいですね。



「どうして君みたいな魅力的な人が一人でいられるんだ!」というニュアンスが伝わると一気に口説く雰囲気に変わります。

I love your ○○.


「君の○○いいね」




これも便利なフレーズ。○○に入れるのは服装や笑顔など。まちがっても相手のセクシャルにかかわる部分ご法度です。



I love your smile.
「君の笑顔すごい素敵だね」

I’ve never met a beautiful lady like you.

f:id:engproject:20171124200205j:plain



「君程綺麗な人には会った事はない」



はいベッタベタな口説き文句です。ただし非常に使いどころを慎重に吟味する必要のあるなかなか高度な口説きフレーズと言えます。

Are you seeing anyone lately?



「最近誰かとデートしたりしてるの?」



このフレーズは話の方向を恋愛系に持っていくときの導入でよく使われる、非常に便利なフレーズです。



そしてここまでで楽しく会話できたら、脈ありと思ってよいでしょう。イケる!とおもったらさらに次のようなフレーズを使って踏み込んで見たらどうでしょうか。

I’m not sure what it is yet, but there’s something I like about you.


「まだなんなのかわからないけど、君のことすごく気に入ったんだよね」



あくまでも相手と打ち解けていい雰囲気になっている時に使いましょう。相手も思わずドキっとして急にあなたを意識し始めるに違いありませんよ!

おわりに

f:id:engproject:20171124200338j:plain



さて今回はいかがだったでしょうか。今回はあくまでも「導入」としての英語フレーズを紹介してみました。ぜひ使っていただければ幸いです。



最後に...パッションだけは忘れないでくださいね!(ウザいのは×)




また会いましょう!