TOEICスコア300~600の人にマジでおススメ!最強のTOEIC学習サービスとは?
詳細を知りたい方はこちらをどうぞ

「調子にのんなよ」「舐めんじゃねーぞ」って英語でどういうの?

英会話・スラング
この記事を読むと
「調子にのるなよ」の英語表現が分かります

 

 

● いつもありがとうございます、あさてつです。

 

「調子に乗るな(笑)」とか友達と冗談で会話をしたり時には相手にガチギレして「お前調子に乗んなよ!」と言ったりするときってありますよね?なかなかこの「調子に乗る」というのは日常でも使う便利な言葉なんですよね。

この「調子に乗る」ですが英語で表現するときはどうしましょう?意外とすぐには言葉に出てこないんですね。まぁあんまりネイティブの人に向かってこの言葉を吐くことってあまりないかもしれないからかもしれませんが。

 

そこで今回は英語で「調子に乗る」「調子に乗るな」を表現したいと思います。もちろん自分が調子に乗ってしまったら「ごめん!調子に乗っちゃった(笑)」とも言えますので、ぜひ活用していただければと思います。

スポンサーリンク

これが調子に乗るの英語表現

① get carried away

まずはこの表現を覚えましょう。carry away「何かに夢中になって我を忘れたり、興奮したりすること」の意味なのですが、この表現にgetを使うことで「調子に乗る」の表現にすることができます。

 

Many young people in Japan have gotten carried away over idol groups.
「多くの日本の若者たちがアイドルグループに夢中になっている」

 

※with またはover を伴って 「~に夢中になっている」「かまけている」

 

I’m sorry. I got carried away.

「すみません…調子に乗りました」

 

もちろんDon’tNeverを使って「調子に乗るな」と表現することもできますよ。

 

Don’t get carried away!

「調子に乗るな!」


Don’t let yourself get carried away.

「調子に乗るのもいいかげんにしなさい」

 

getを使わないでbe動詞を使って表現した例

 

Don’t be too much carried away!

「調子に乗るなよ!」

 

これらのフレーズの使うポイントですが、ガチギレして「調子に乗んなよ!」と言った場面では使いません。やや怒っている場合から軽いジョークの場合で使います。

② get cocky 

 

この表現は結構やんちゃなイメージで、「ふんぞり返ってた態度」を表す表現です。口語的でcocky は身の程知らずな様子を表す形容詞で、get cocky は「調子に乗っている」、ややイメージが悪い表現です。

 

She is so cocky, nobody really likes her.

「彼女は高飛車だ、だから誰からも好かれてないよ」

 

Don’t get cocky

「調子に乗んなよ!」

 

③ go overboard

 

この表現も定番ではないでしょうか。「調子に乗る」と表現できますが、「調子に乗って【やり過ぎる】のニュアンスが強い表現です。

 

I went a little overboard on the decoration.

「ちょっと飾り付けし過ぎちゃったかな」

 

Don’t go overboard.

「無茶したらだめだよ!」

 

 

④ push one’s luck

 

これはなんとなく雰囲気が伝わらないでしょうか。luckは「幸運」push「押す」です。つまりこれで「いい気になって勢いづくような態度」を表すんですね。つまり「調子づく」「調子に乗る」という意味になるわけです。ちなみにpushのほかにpress / rideなども使うことができますよ。

 

Don’t push your luck.
= Don’t press your luck.
= Don’t ride your luck.

「調子に乗るな」

 

⑤ too excited

これは分かりやすい。be excited「興奮する」ですから、それにtooをつけて「興奮しすぎる ⇒ 調子に乗る」と解釈できるんです。これも実は日常会話で頻繁に使う表現ですね。

 

Don’t be too excited!

「調子に乗るなよ!」

 

⑥ get too worked up 

 

be / get worked up は「興奮する」や「感情的になる」ことを意味するイディオム。ポジティブに使うと「盛り上がる」ですが、人をたしなめる時には Don’t get too worked up!「興奮しすぎないで」つまり「調子に乗るなよ」というニュアンスになるんですね。

 

Don’t get too worked up!

「調子に乗るなよ!」

 

スポンサーリンク

なめんじゃねーぞの英語表現は?

 

 

これはまた過激な表現ですが(笑)「調子にのんなよ?」から「なめんじゃねーぞ」は結構つながりがあるかと思いますので、一応載せておきますね。ただし強い言い回しなので、使う時には十分気をつけてください。

 

Are you messing with me?

「なめてるのか?」

Don’t monkey around with me!

「なめるなよ!」

Don’t push you!

「調子に乗るな」

Who do you think I am? 

 

「おれを誰だと思ってるんだ?」
 
Don’t fool around with me
 
「馬鹿騒ぎするな=ふざけるな=なめんなよ」

 

スポンサーリンク

あとがき

 

「調子に乗る」と一言で言っても、そこには仲のいい友人などとじゃれ合って使う表現から、「お前、調子に乗ってんの?あん?」といったガチギレの展開のときに使う言い方まで様々です。

 

ぜひシチュエーションに応じて使ってくだされば幸いです。

コメント