英語ど~するの?

NO ENGLISH NO LIFEなサイト

一流アーティストが言い放つ!これが英語の名言【10】選だ!

スポンサーリンク

●英語ど~するの?」人気記事セレクションはこちらです!

f:id:engproject:20170803102852j:plain


この記事を読むと
一流アスリートの最高の名言が味わえます。



●いつもありがとうございます、あさてつです。



一流アスリートは私たちに感動を与えてくれます。彼らのストイックは生き方は我々に生きる勇気と希望を与えてくれますよね。



そんな尊敬すべき彼らですが、実は世界の頂点に立つアスリートたちはその功績だけではありません。人々の記憶に残る名言を残しているものなのです。




彼らはどのようにものごとを考え行動しているのでしょう?今回はそんな名言を英語で拝見させていただき私たちの生活、仕事に役立ててみようじゃありませんか!

The more difficult the victory, the greater the happiness in winning.

「勝つのが難しい時ほど、勝利の喜びは大きいのです」


ペレ(サッカー選手)



この言葉は、困難が大きければ大きいほどそれに得られる達成感はものすごいことを教えてくれています。

He who is no courageous enough to take risks will accomplish nothing in life.

「リスクをとる勇気のない男は、人生で何も達成することができない」


モハメド・アリ(プロボクサー)



我々はふだん守りが多くなりがちです。それは大人になればなるほど顕著になってきますが、そういうときこそこの言葉です。まずは第一歩を踏み出しましょう。

The time when there is no one there to feel sorry for you or to cheer for you is when a player is made.

「同情してくれる人も応援してくれる人もいない時にこそ、選手は作られるのです」


ティム・ダンカン(バスケットボール選手)



何か凄味のある言葉です。結果は結果、ストイックに目標に向かってひたむきに邁進すること、それが最良の結果を出すときに必要だと説いているのです。

It is hard to beat a person who never gives up.

「決して諦めない者を打ち負かすのは困難です」


ベーブ・ルース(プロ野球選手)



決してあきらめるな!継続して諦めないことの大切さについて語っています。あきらめないのですから負けるわけはない!

If you only ever give 90% in training then you will only ever give 90% when it matters.

「練習で90%の力しか出さない者は、実際力が必要になったときに90%しか出すことが出来ません」


マイケル・オーウェン(サッカー選手)



この言葉は、大事なのは過去でも未来でもない、「今」なのだということを教えてくれています。つねに全力を!


If you fail to prepare, you're prepared to fail.

「準備を怠るということは、失敗する準備をしていることと同じです」


マーク・スピッツ(水泳選手)



これも先ほどの名言と同じで、「今」やるべきことをしっかりとおこない備える、それが重要なのだということを説いています。

What do you do with a mistake: recognize it, admit it, learn from it, forget it.

「失敗をしたときにどうすれば良い?失敗を認識し、受け入れ、そこから学び、そして忘れるのです」


ディーン・スミス(男子バスケットボール監督)



この言葉は大好きです。とくに最後の「忘れろ」というフレーズ。失敗は誰にでもあります。大事なことはそこから何かを学び、学んだらいつまでも残しておくな、というのは非常に重要ですよね。

Not failure, but low aim, is the crime. In great attempts it is glorious even to fail.

「失敗が罪なのではない、志低いことが罪なのだ。大きな挑戦は、たとえ失敗したとしても栄光となる」


ブルース・リー(武道家、俳優)



先ほどの言葉にも通じることだと思いますが、失敗を恐れてはいけません。ようは何かを得ればよいのです。挑戦が大きければ大きいほど得られるものは大きくなるのです。


I fear not the man who has practiced 10000 kicks once, but I fear the man who has practiced one kick 10000 times.

「私が恐れるのは、1万通りの蹴りを練習した人ではありません。たったひとつの蹴りを1万回練習した人です」


ブルース・リー(武道家、俳優)



「極めろ」ということ、同じことを何度も何度もトライするのだ、そのむずかしさをこの方はやったんですねぇ。

I always tell kids, “You have two eyes and one mouth. Keep two open and one closed. You never learn anything if you’re the one talking.”

子ども達にいつもこう言うんです。「君たちには2つの目と1つの口がある。2つを開いて、1つは閉じていること。人の話を聞かずにおしゃべりする人間は何も学ばないんだよと」



ゴーディー・ハウ(アイスホッケー選手)



これは私も気をつけていることです。ビジネスで特に重要なことですよね。

あとがき

f:id:engproject:20170803103033j:plain



さて今回はいかがだったでしょうか。一流アスリートから語られる名言、ぜひ自分の糧にしてくれれば幸いです!



最後に私が尊敬してやまないあるアスリートの言葉を載せて終わりにしたいと思います。



I’ve missed more than 9000 shots in my career. I’ve lost almost 300 games. Twenty-six times, I’ve been trusted to take the game winning shot and missed.
I've failed over and over and over again in my life. And that is why I succeed.



「キャリアの中で9000回以上シュートを外しました。300試合近く負けました。26回、信用してもらいウィニングシュートを任され、外しました。
私は人生で何度も何度も失敗を繰り返してきました。だからこそ成功するんです」


マイケル・ジョーダン(バスケットボール選手)



また会いましょう