最強TOEIC学習サービス「スタディサプリ」
詳細はこちら

「勘違いをする」を英語で表現すると?misunderstand以外で伝えてみよう!

英会話・スラング
この記事を読むと
「勘違いをする」の英語フレーズが分かります。

 

 

● いつもありがとうございます、あさてつです。

 

人にはだれにも「勘違いをする」ことがありますが、この言葉を英語で表現するにはどうしたらよいでしょうか?

 

というのも最近、職場でちょっとした「勘違い」が多発しまして先方に謝りまくっていたのですが(気が緩む時期なのですよ)、ネイティブの方に「勘違いしました」と使う時に思ったように言葉が出てこなかったんです。

 

だから「勘違い」ってどうやって英語で表現するんだろ?と心に引っかかっていたんですよね。そこで今回はいい機会だと思い、英語で「勘違いをする」の表現をちょっと調べてみました。

 

ぜひ参考にしていただいて、今後の英語学習にお役立てください。

 

スポンサーリンク

misunderstandという単語について

 

この「勘違いする」の表現で、よく出てくるのがmisunderstandという単語なのですが、確かに間違いではありません。ですが、この単語は「耳で聞いた情報を勘違いした場合や誤解していた場合」に使います。

 

例えば同僚と会話していて、相手から聞いた情報を勘違いして間違えた、というシチュエーションで使うということですね。ちなみに「間違って解釈する」はmisinterpret、読み間違えて勘違いする場合はmisread、聞き間違いの場合はmisheardと表します。

 

I think she misunderstood what I said.

「彼女は私が言ったこと誤解してる気がします」

 

以下ではこのmisnderstand以外の「勘違いする」の表現をご紹介します。これが結構あるんですよね。

① I thought ~

 

「~と思った」「~だと思ってた」いう表現です。といいますか誰でも知っているかと。思わず「え?こんなに簡単でいいの?」と思ってしまった人もいるのではないでしょうか。

 

そう、この表現で、遠回しに「勘違いしていたよ」というニュアンスを出すことができるんです。なんかすごい楽ですよね!

 

They are closed! I thought they are closed every Monday.
「マジかよ、閉まってる! 月曜が定休日だと思ってたのに」

 

I thought the birthday party was postponed.
「誕生日パーティーは延期されたと思っていました」

 

② get~wrong

 

この表現はget A wrongと使い「Aについて誤解する ⇒ Aを勘違いする」となります。Aに入るのは「人」「人以外」何でもOK。

 

Don’t get me wrong!

「僕のこと勘違いするなよ!」

 

She’s got the plan wrong.

「彼女はその計画を間違えて捉えていた」

 

I got it all wrong.

「間違っていました」

 

③ under the impression that~

 

根拠もなく「(勝手に)思い込んでいた」というニュアンスを出したいときはこちらの表現もおススメ。thatは「同格」の接続詞で「~という」と訳すと良いでしょう。

 

I was under the impression that Ken was rich.
「てっきり、ケンはお金持ちなんだと思ってたよ」

 

④ I mixed up

 

「時間・日程」などを勘違いした場合はI mixed up~を使うのもおススメ。よく情報がごっちゃになってしまったりしたときに、I thoughtと一緒に使われたりします。

 

I mixed up the dates. I thought your birthday was today.
「日程を勘違いしていました。あなたの誕生日は今日だと思っていました」

 

Do not mix up nouns with verbs.

「名詞と動詞を混同するな」

 

⑤ Someone is mistaken

 

Someone is mistaken「…は勘違いしている、思い違いをしている」と表現することも可能です。

 

I think you’re completely mistaken about Bob.

「君はボブのことまったく勘違いしていると思うよ」

 

⑥ not on the right track

 

この表現はどうでしょうか?the right back「正しい方向」という意味で、直訳は「正しい方向にいっていない ⇒ 間違っている・勘違いしているのニュアンスを出すことができるんです。

 

I bet you’re not on the right track! 

「あなたは勘違いしてない?」

 

⑦ get the wrong idea

 

これは何となくニュアンスは伝わるかも。wrong idea「間違った考え」ですからこの表現で「間違った考えを得る ⇒ 勘違いする」という意味になるんですね。「私」にも「あなた」にも両方使うことができる表現です。

 

Wait for a second, you might be getting the wrong idea. 

「ちょっと待って、あなた勘違いしてるかも」

 

スポンサーリンク

あとがき

 

こうしてみると「勘違いする」もいろいろと状況に応じて使い分けるのが面白いですね。I thought~が個人的には一番簡単かもしれません。

 

ぜひモノにしていただいて、今後の英語学習にお役立てください!

 

また会いましょう。

コメント